再就職手当をもらいましょう!

再就職手当をもらいましょう!

再就職手当ての支給額を決めるために必要となる基本手当て日額の上限は、60歳未満が6,030円、60歳以上65歳未満が4,864円と決められています。



サイトトップ > 再就職手当ての手続き

スポンサードリンク

再就職手当をもらいましょう!

再就職手当ての手続き


再就職手当てをもらうためには、再就職をした翌日から1ヶ月以内にハローワークに行って手続きを行います。事業主の捺印なども必要となるので、1ヶ月以内に書類を提出するのが困難な場合には、期間を延長することも出来ます。ハローワークで書類の確認を行い、再就職手当ての決定がなされると申請者の口座に支給額が振り込まれます。


再就職手当ては申請をしてから決定がおり、およそ1週間ほどで支給されます。再就職手当てに似たような給付金もあります。常用就職したく手当てという制度があります。就職する日に45歳以上の年齢に達している中高年の人に支給されるもので、障害を持つ人など就職が困難な人が再就職をした時に支給される給付金です。


常用就職支度手当ても再就職手当てと同じく、支給してもらうためにはいくつかの条件をクリアしなくてはいけません。支給残日数が1日以上あるというのも大きな条件となります。ハローワークの紹介で働き1年以上雇用されるという安定した職業に就くことも条件のひとつとなっています。


過去3年以内に再就職手当てや常用就職支度手当ての支給を受けていない人が支給対象となります。条件をクリアすると基本手当日額の30日分に相当する金額が支給されます。再就職手当てと同じように、いくつかの条件が設けられていますので、詳しくはハローワークに問い合わせてみてください。


再就職手当をもらいましょう!

MENU



スポンサードリンク