再就職手当をもらいましょう!

再就職手当をもらいましょう!

再就職手当ての支給額を決めるために必要となる基本手当て日額の上限は、60歳未満が6,030円、60歳以上65歳未満が4,864円と決められています。



サイトトップ > 派遣の場合には受給資格に該当しないこともある

スポンサードリンク

再就職手当をもらいましょう!

派遣の場合には受給資格に該当しないこともある


正社員として働いている人よりも、派遣で働く人の数が多いのでは、と思うほど、最近では派遣社員の数を増やしている企業が増えています。派遣社員の場合、保証もなく期間も短く安定して生活をするのは困難な場合もあります。いつ解雇されるかわからないという不安を抱えながら仕事をしている派遣の人も多いのです。


正社員として働く場合、再就職をするときには再就職手当てというのをもらうことが出来ますが、派遣の場合には雇用体系が異なりますので、再就職手当ての受給資格に該当しないこともあります。再就職手当ては1年以上雇用されるという安定した職業に就くことを条件とし支給されますが、派遣の場合、契約期間が3ヶ月や半年など短い場合が多いので、再就職手当ての受給資格に該当しないことが多いのです。


派遣会社に登録して依頼された会社と契約を結んで働くので、勤務先との契約が終了しても派遣会社との契約が終わっているわけではないので、再就職手当てがもらいにくい状況にあります。派遣元と派遣先が異なり、正社員とは就業形態が異なりますので、再就職手当てをもらうためには、ハローワークで詳しい説明を受けたほうがいいでしょう。


派遣会社から紹介された企業との契約期間が終了し、退職となって雇用保険の手続きをした後に前と同じ派遣会社から紹介を受けた仕事をしても再就職手当てはもらえなくなります。正社員として働くのが難しいと言われていますが、派遣だと再就職手当てなどを受けるのが難しくなってしまいます。職に就くには色々な問題が多くありますが、少しでも多くの人が安定した職に就き楽な生活がおくれるといいですね。


再就職手当をもらいましょう!

MENU



スポンサードリンク